How to Cleverly Homeクレバな家づくり

ハイブリッド工法一般在来工法とツーバイフォーのいいとこどり

ハイブリッド工法イメージ

オリジナルのハイブリット工法をさらにグレードアップ

「在来軸組工法は、高温多湿な日本において古くから培われた工法で、設計の自由度が非常に高いのが特徴です。 枠組壁工法も、設計の自由度もさることながら、やはりその最大の魅力は気密性・断熱性が高い上に、耐震性や耐火性も高いという部分に尽きるでしょう。

そしてクレバリーホームでは、この2つの工法の長所を組み合わせたハイブリット(かけあわせ、交配の意)工法を採用しており、この工法は、合理化システム認定工法の「S&CシステムSPG構造」と呼ばれています。
最大の特徴は、主要なグリット柱を全て通し柱にする(一般在来工法の最大4倍)ことで、非常に高強度・高精度な住宅を建てられる点であるといえるでしょう。

このようにクレバリーホームの工法は、伝統的な日本の工法に、現代の技術を織り込むことで、それぞれの長所をうまく融合させたとても欲張りな工法といえるのです。

住宅性能表示耐震等級

「住宅性能表示耐震等級」とは、地震や風、積雪などの大きな力が加わった時の、建物の強さや壊れにくさを等級で表示しています。
クレバリーホームでは、お客様の要望にお応えして、耐震等級3にも対応いたします。(設計ルールに基づく設計が必要となります。)

ご不明な点・お悩み・ご質問、モデルハウス・売土地について等、気軽にお問い合わせください

  • 資料請求
  • イベント情報